ホーム > タグ > プロレス

プロレス

DEPARTURE

ディファ有明の「三沢光晴さんお別れ会〜DEPARTURE〜」へ行ってきました。

2万5千人のファンが三沢さんに献花、終了後も列は途絶えず=ノア

豊洲からゆりかもめに乗って、ディファ有明最寄りの有明テニスの森駅へ行こうと思ったのですが、ゆりかもめの窓から尋常じゃない列が見えたので、手前の市場前駅で降りて、目的地から2駅手前の新豊洲駅を曲がって最後尾は晴海大橋のふもとへ。その列はその後も伸びて最終的には橋の対岸へ届いたそうです。

2時間ほど並んでディファ有明の駐車場へ。そこでまたクネクネした列を並び、ようやく会場内へ。もう、リングに山積みの献花とか遺影とか見てたら泣きそうでヤバくて、そそくさと出てきてしまいました。

なんというか、ずっと亡くなったという実感がなくて、壮大なドッキリなんじゃないかと思ってた部分があったんです。それでも献花したファンへ黙礼する選手たちの表情を見ると、「ああ本当のことなんだなあ」と、嫌でも思い知らされました。

今年も汐留街頭プロレス開催

ご無沙汰しております。文章をまとめる能力が欲しいです。そう言えば昔から作文とか感想文とかが大嫌いでした(苦笑)。それはともかく。

 一昨年、昨年と2年連続で開催し、いずれも大好評を博したプロレスリング・ノアの「汐留街頭プロレス」が今年も行われることが決定した。

 開催日は8月2日、場所は昨年と同じく東京・汐留の日本テレビタワー地下2階ゼロスタ広場に特設リングを置き、真夏の激闘が繰り広げられる。

ノア汐留街頭プロレス 今年も開催

えーと、8月2日は日曜日ですか。相方も行けるはず行けないって言われました。最悪1人で行きますか。確か昨年は早い人で朝8時半に会場にいたって聞いたような記憶が・・・。それはいくら何でも早過ぎだと思うけど、昨年は1階通路から見て、写真撮る時にガラスに映り混んで大変でしたし、今年は早めに行って場所を取らねば。

昨年の大会後のインタビューで小橋がまた来年もあるなら汐留のリングにまた立ちたい。もちろん準も立たせます。って言ってたけど、小橋も秋山も体調悪そうだし、他に出場しそうな選手って、潮崎とかKENTAとか?

一日経って・・・

眠れない夜が続いてます。どうなるかと思った昨日の試合は無事終わったそうです。

秋山が広島の試合で椎間板ヘルニア悪化→欠場となり、この日タイトル戦を戦うはずだった力皇と潮崎とで王者決定戦を行ったそうです。秋山本人は無念だろうけれど、パニック症候群持ちの秋山が気負いすぎて倒れるんじゃないかと心配だったので、ホッとしたのが本音です。

三沢さんの首の状態考えたら、いつこうなってもおかしくなかったのかもしれません。ロシアンルーレット状態だったのでしょう。もしかしたら別の技だったかもしれない、もしかしたら他の試合だったかもしれない、それがたまたまバックドロップでその相手がたまたま斉藤さんだった・・・、と考えるしかないと思ってます。広島の試合後の映像を昨日テレビで見たのですが、救命処置を受ける三沢さんの側で見守る斉藤さんの表情も、博多の試合後土下座してる写真も・・・あんなつらい表情で選手がリングにいるのはもう見たくありません。

まだどこか信じられない自分がいるのだけれど、改めて合掌。

三沢さん・・・

こんな時間に更新しているのは訳があります。

 13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で、プロレスラー、三沢光晴さん(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

プロレスラー三沢光晴さん、試合中の技で頭を打ち死亡

ショックがでかすぎて眠れませんでした。「長年の首への負担のために、首に普通の人間には無い骨が生えてて、そのせいで受け身が取りづらい」と言う話は聞いたことがあったのですが・・・。選手の、特に対戦相手の心痛はいかばかりか。

今後の試合は発表通り行うそうですが、事故が連鎖しそうで心配です。特に今日の博多スターレーンは、GHCヘビーのタイトル戦ですよ・・・。

3月の武道館での撮影会で握手していただいたのは良い思い出です。ありがとうございました。

合掌。

プロレスリング・ノア「The Second Navigation ’09」最終戦@日本武道館

日曜日に行ってきました。試合前に「日テレG+」加入者向けの三沢社長との撮影会に並んでいたら雨が降ってきて寒い(^^;。で、ただでさえ寒かったのに、試合の後に小橋のサイン会に1時間半くらい並んだら完全に凍えてしまいました(泣)。

試合結果はスポナビ詳細見て下さい。私の個人的な感想を続きに格納しておきます。以下敬称略。

全文を読む

Home > タグ > プロレス

Tag Cloud
Categories
Archives

Return to page top