Home > Blog > WP管理画面からデータベースを最適化するWP-Optimize

WP管理画面からデータベースを最適化するWP-Optimize

このblogではWordPressというシステムを利用しています。で、サーバのトラブルでも無いのにblogが遅くなることが偶にありまして、色々探してみたところ、こんな記事がありました。

MySQL テーブルの最適化

MySQLのMyISAM 型テーブルは、レコードの追加や削除を繰り返しているとどんどん効率が悪くなっていくので、定期的に最適化を行った方がよい。最適化は optimize table という SQL で実行する。

WordPress を高速化する5つの方法 | Sun Limited Mt.

こちらを参考にしてサーバの管理画面→phpMyAdminで最適化処理をしたら速くなりました。

そうなると私は横着者なので(苦笑)、「この作業ってWordPressの管理画面からできないの?」などと考えて検索したらありました。

投稿記事のリビジョンやスパムとマークされたコメントなどもこの画面から削除できます。また、ユーザアカウント名を変更できるので、WordPressを安全に運用するためによく言われるadminというユーザ名1も変更しましょう。

使い方

※このプラグインの操作はデータベースのバックアップを取ってから行いましょう。私の場合はWordPress Database Backupを利用しています。

インストール→有効化して[管理画面]→[ダッシュボード]メニュー→[WP-Optimize]をクリックすると、以下の画面が出てきます。

設定画面

チェックボタンが付いているメニューとその動作は以下の通りです。

Remove all Post revisions
記事のリビジョンを削除できます。
Clean marked Spam comments
「スパム」コメントを一掃します。
Clean Unapproved comments
「承認待ち」のコメントを一掃します。
Optimize database tables
データベースのテーブルを最適化します。

また、その下のテキストボックスはアカウント名を変更する項目です。

毎日使うものでも無いので、常に有効化しておく必要はないでしょうが、入れておくと便利ではないかと思います。

  1. インストールしたら必ず作られるアカウントだし管理者権限だしで、セキュリティ的によろしくないのです。 [Back]

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://topaz-blue.com/2009/02/20/003308/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
WP管理画面からデータベースを最適化するWP-Optimize from Trash can::ver.2

Home > Blog > WP管理画面からデータベースを最適化するWP-Optimize

Tag Cloud
Categories
Archives

Return to page top